喉の筋肉を鍛える!ボイトレ


カラオケが大好きな人、たくさんいると思います。自分の好きな歌を思う存分歌って、次の日声がガラガラ、もしくは声が出ないなんてこと経験したことありませんか?歌手はライブ中ずっと歌い続けていますが、次の日になったからと言って声が出なくなることはありません。
それは、ボイストレーニングをしているからです。喉を痛めないためには、喉をまず鍛えることが大事です。自分の声の出し方(発声方法)をしっかり整えて、声を出す方法を身につけて歌うと、喉を痛めることも声がガラガラになることもありません。

ボイトレをすると喉の筋肉を鍛えることになりますので、いくら歌っても平気なわけです。運動選手が走りこみで体力をつけるように、歌を歌うための基礎がボイストレーニングと言っても過言ではありません。歌が下手だと思っている人でも、鍛えることによって歌い方も変われば、高音が出るようになったり、難しい曲が歌えるようになったりします。

筋力トレーニングをして、重いものが持てるようになるのと同じ感覚と思ってもらえればいいと思います。私も経験しましたが、今まで出なかった高音が出るようになり、好きな曲が人前で歌えるようになりました。ひたすら同じ曲を歌って練習するよりも、近道した気がします。ボイトレとは、喉の筋肉を鍛えること。

難しく考えることはないです。好きな曲を歌うために、一度ボイトレ挑戦してみてはどうでしょうか?

This entry was posted in ボイトレレッスン方法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります